前へ
次へ

医療と危険を知らせる音の必要性

緊急時には119番で、救急車を呼び出します。
もしくは、かかりつけ医に連絡し、対処法を教えてもらいます。
医療現場では安全を確保するために、安全システムが24時間稼動しています。
患者の容態を知らせたり、不審者が侵入してきたことを知らせます。
危険はどこから、どのようにやってくるのか予測が不可能です。
だから危険を音で知らせることもあります。
救急車のサイレンもその1つ、後方から猛スピードで来ることを音で知らせますし、スピーカーで道を空けることを伝えます。
医療機器にも危険を知らせる工夫があります。
例えば、AEDもその1つでしょう。
心肺停止の方がいれば、心臓マッサージが必要ですが、音声ガイダンスで使い方をレクチャーしてくれます。
また、難聴の患者には医療器として補聴器が必要となります。
会話の成立のみならず、車のクラクション、自転車の急ブレーキ音やベル音、音の方向や距離感をより分かりやすくしてくれる優秀な医療器が、数々誕生しています。

Page Top